福岡&博多祇園山笠

東流は博多の東部旧東町筋を中心とした流です!。その中で今年から本町に復帰する町が我が上浜口町です



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

先の日曜日に東流の棒洗い、棒締めがありました。


昨日は朝から棒洗い、棒締めがありました。 今年新規加入の彼と棒締め場所である呉服町のビル前で待ち合わせをし、時間前の9時半に到着。 既に棒締め要員の赤手拭3人が来ていて、笑顔で迎えてくれました。 8時から山台の火打にかける縄と八文字縄をかける作業を各町からの要員50名位が黙々と作業をしていました。 隣のファサードには東流のお偉いさん達が座って棒締めの準備が整うのを待っています。 八文字縄をかけ終わり、いよいよ棒締めが始まります。 あれっ?新人君は未だ来ていません。 電話をかけてみると今バスに乗って向かっているとの話…いかんなあ、山では時間は守らにゃ! 去年の総務で山大工の名越さんが台の下に入り号令をかけ、いよいよ棒締めが始まりました。 棒、棒締めた!棒締めた! 皆掛け声をかけながら、棒を締めていきます。 おやし棒(ロープを締めるためのテコに使う棒)を下ろす時にギシッギシッとロープが締まる音と、ロープを送るための木槌の音がコンコンと響いてきます。 一時間程で片方の三本の棒締めが終わり、残りの三本も一番棒を残すばかり… 彼(新人君)はどうしたんだろう? 棒締めが終わった頃漸く彼が駆けつけてきました。 どうやらおっとり刀で、私が電話した頃にバスに乗った様でした。 いかんなあ 直ぐに赤手拭の一人が彼のそばに寄ってきて、彼に時間はきちんと守る様に注意してました。 そばでよしよしと思いながら聞いていましたが、さすが手拭い貰って彼らも自覚が出てきたなと嬉しかったです。 取締のじんちゃんも駆けつけ、新人君に水法被を渡し、試し舁に参加させました。 戻ってきて彼に感想を聞いたら、山と一緒に走っただけで後押しも出来なかった…どころか、怒られたと言ってましたが、走れたことにすごく興奮してました。 また一人、山のぼせが出来たみたいです(^^) 昼飯を皆で食べた後、場所を移動し、午後から舁縄作りとねじねじ作りの作業にかかりました。 舁縄は去年作り方を教えていた甲斐あって、そこそこの縄が出来上がりました 皆筋がいい… ただ、縄を担う(ニナウ)という作業は今は日常生活でやることはないので、ほとんどの連中が悪戦苦闘して、指にマメを作ってました ねじねじは私が担当して作りましたが、何人かに手伝わせたら、これも皆初めてのことでなかなか思った様にいかないみたいで苦労してました。 でも、こういう経験を経て、一つずつ皆で作り上げていく作業を習得していってくれるのが楽しみです。 マメも勲章! 私はというと、ふと気がつくと指や手のひらが真っ青! ねじねじの染料が手について染まってました。 手拭いもそうですが、染料を何とかしてもらえんかいな? 色落ちがすごくて、水法被がねじねじで染まったりして往生します。 思ったより早く舁縄やねじねじが出来上がり、片付けした後、直会♪ 総代の挨拶の後、取締からスケジュールや注意事項の話があり、乾杯 しばらくして予約していた弁当が届き、また一段と話に花が咲き、酒も進んでいきました。 直会も盛会の内に終わり、新人君の彼と近くの焼鳥屋へ行き、再度酒を酌み交わした後、帰路に着きました。 彼はもう山笠が来るのが待ちきれないみたいで、目が輝いてます(笑)。 まあ、これからいろいろな経験をしながら、一人前に育っていってくれればいいですね。 この後は来週山笠の飾付けがあり、いよいよ本番が間近に迫ってきます。 毎年のことながら身が引き締まりますね。
スポンサーサイト
  1. 2010/06/22(火) 23:13:44|
  2. 博多祇園山笠
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりの日記です

およそ一年半…ずっとブログを放置してきました。 皆様には大変申し訳なく思っていますm(__)m この間いろいろなことがありまして… ようやく気持ちの整理も着きましたので、またボチボチ日記を再開したいと思っています。 これからはまた、全く新しい形での山笠の紹介になるでしょうが、また皆様に愛される様な日記にしていきたいと考えていますので、よろしくお願いします。
  1. 2010/01/27(水) 04:27:21|
  2. 福岡県福岡市博多区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

追山で燃え尽きました!

昨日はこの1年間、もやもやした想いを一気に吹き飛ばす素晴らしい追山で、今年の山笠を終えることが出来ました^^。

応援していただいた皆様ありがとうございました。


本当に良かったです♪


前日の夜9時頃には事務所に到着。

早速旧博多小学校に向かい、体育館や校舎の鍵を開けましたが、この日は博多小学校の先生方も各流に参加していらっしゃるので皆さんが職員室に集い、私も鍵を預かりに職員室に伺ったところ、祝い酒をいただきました。

10時には役員が全員事務所に集合。

総務の挨拶に次いで、私の方から本日のタイムスケジュールや各所での役回りの確認を行い、今日の注意事項などを再度申し合わせ、各自持ち場に散って行きました。

11時からは参加の学生や一般の方が体育館に集合し始め、受付を済ますと早速着替えを開始・・・

400人近くの締込み作業は大変です。

皆汗だくになって着替えの手伝いをしていました。

着替えが済んだところで、総務による山笠教室、商店街内の走り込みをなどやり、3時には商店街から山を移動して、最初の待機場所に持っていきました。


そこで、今日(追山)櫛田入りの舁手を改めて選出。

その後参加の人たちを集めて、私が実際の山笠の舁き方や交代の仕方、もしも転倒などをした場合の対処の仕方等、実際に山につかせて実践山笠指導を行いました。


4時30分・・・定位置まで移動。。。

我々の山の近くには早くも大勢の観客が人目見ようと集まっています。


しばらくして、近くのスピーカーから山笠案内のアナウンサーの声が聞こえてきます。



4時59分・・・今年の一番山笠大黒流が太鼓の合図と共に櫛田入りをし、一番山笠の特権である「祝い目出度(いわいめでた)」を合唱して、清道を出て行きました。

その後二番山笠、三番山笠・・・と櫛田入りをして博多の街へ飛び出していく毎に、土居通りに待機している七番山笠までの舁山が前に詰めていきます。


いよいよ私たちの八番山笠も七番山の後について並ぶ順番がやってまいりました。

舁手を山につかせると、前捌きの私の号令で山を土居通りに持っていきます。


スムーズに角の信号機を避けながら七番山笠土居流の後に続きました。

皆気合が入っているので、かなり速いスピードで七番の後につく度毎に沿道から大きな歓声と拍手が沸き起こります。


5時30分・・・七番山笠土居流が清道入りをして飛び出して行きました。

土居流が満行寺の角を曲がり見えなくなるのを待って、いよいよ我々の八番山笠上川端通を山止めまで持っていきます。

かなりの速さで山止めに向かい、一発で山止め停止が決まると、沿道や桟敷席から歓声と拍手が起きました^^。

この大きな拍手や歓声は、いつものことながら我々の八番山笠だけです。

この拍手や歓声を聞くと鳥肌が立つと同時に、八番山笠をやっていて良かったなあっておもえる瞬間です^^。


場内アナウンスが「2分前」を告げます。


周りがシーンと静まり返ってきます。。。辺りには緊張感が漂ってきます。



「1分前」・・・・・・・・・・・・・「よーし!」 「やー!」舁手達から気合入れの声が響いてきます。

「30秒前」・・・・・・・・・・・・緊張が段々ピークに達していきます。


私は棒鼻に片手を置き、合図の準備に入ります。。。


一瞬場内や周囲が静まり返ります。




「5秒前」・・・・・・・・・・・「3,2,1!」 「やあー!」


山は勢いよく持ち上がり、清道めがけて突進していきます。


今回もスムーズに清道を廻って、アスファルトの土居通りに出るときも、突っかからずに出て行くことが出来ました。


国体道路、東長寺の清道、大博通りを廻り、商店街目指して舁手たちは最後の力を振り絞り、必死の形相で山笠を動かしていきます。


「おいさっ!」「おいさっ!」・・・・・・商店街に入って行きました。


総務宅前に無事に山笠を持っていくと、総務の挨拶に続いて、今年の表の台上り山笠委員の久保君が大きな声で「祝い目出度」を唄い出し、皆が後に続いて大合唱♪

唄い終えると、彼の合図で「手一本」

「よ~っ」  シャン・シャン
「まひとつ」  シャン・シャン
「よーさん」  シャシャン・シャン

皆が打つ手拍子が商店街内に大きく響きました。



総務と握手し、再び舁き手を山につかせ、ぜんざい広場まで山を持っていきました。


これで、今年の山笠の行事は滞りなく終了!・・・です。


やったぁ!


全てうまく行ったぁ!・・・・・・・・・・・終わったぁ!



ここで初めて我々の責任が全て果たせました。



皆が誰彼となく握手を交わし、抱き合って今年の八番山笠が全てうまく行ったことを喜び合いました。


みんなの目は真っ赤・・・・・・・・・中には号泣しているのもいました。


やっぱり想いは一緒だったんです。。。



私も泣いてました。


悔しかった・・・・・、きつかった・・・・・、この1年の想いが全て報われた瞬間でした。



全ての片づけが終わって、役員全員が事務所に集まり、漸く我々の直会が始まりました。


一人一人が今年の山笠の感想を述べ合い、終わる頃には再び皆が握手し会い、抱き合って涙を流していました。

私もここまで来るのに皆とぶつかったり、いろいろと議論をしたり、時には我々だけで飲み会をやって組織を如何に活性化し、悪しき習慣を払拭していくかなどを話し合ったりしたことが走馬灯のように頭を駆け巡って、やっぱり八番山笠は素晴らしいなあ、仲間って良いなあと思うと、また熱いものが込み上げてくるのを抑えることが出来ませんでした。


未だこれからしばらく行事が残っていますが、本当に今年は素晴らしい八番山笠上川端通を奉納できて良かったなあと思っています。


ここのブログを通じて応援していただいた皆様、沿道で声援をいただいた皆様にこの場を借りてお礼を申し上げます。

本当に心からの応援ありがとうございました。

お陰さまで無事に奉納することが出来ました。

ありがとうございました。


最後に役員仲間全員に感謝です。


YouTubeで追山での八番山笠の櫛田入りの様子がアップされていましたので、ご覧くださいね♪

      http://jp.youtube.com/watch?v=knxmp6Ldes8





スポンサードリンク



無料アクセスアップツールWarp!-mini
URLを入力すると、誰かに閲覧されます。
  1. 2008/07/19(土) 16:29:11|
  2. 博多祇園山笠
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山台の構造

 我々の八番山笠上川端通は、急な山大工さんの交代で、新しい山大工さんが出来る限り昔の構造をそのまま残した山を作りたいとの想いから、構造・・・特に山台から上の部分が大幅に変わるんですが、山台自体の構造は他の舁山と同じやり方で作られております。

 その中で、話し合いを重ねていく中、山台の構造は元々昔、飾り山を舁いでいた時代に、上が重く、大きいため、止まったり、動いたり繰り返す中で山台がゆがんだり、強度が弱ったりするのを防ぐために考え出された構造ではないかと解ってきました。


ですから、今の山大工さんが昔の構造に出来るだけ近くと言われるのは理にかなっているんです。


 今更何を言ってんだ!と言われそうですが、今まで棒締めなどをやってきてましたが、まあ、昔からこんな風に作られていて、ただ、それを踏襲しているだけ・・・みたいな考えで、構造自体を真剣に考えたことがなかったんです。


ただ、何となく山笠っちゃあ、こげな構造で出来上がっとるったい!程度の見識でしか、見てませんでした。(ホント恥ずかしい話ですが・・・)

もちろん、何のためにどういう役割で火打ちや八つ文字縄が掛けられているかくらいは分かってはいたんですが、実際にこんな荷重がかかるから、ここの構造は必要なんだという具体的に踏み込んだ意味までは理解してなかったんです。



 山台は四足と呼ばれる4本の柱を、前と後の2本の柱の下の部分は「への字」という横に渡した桟木で連結し、前後の柱は同じく桟木を渡して連結。。。

四足の上部は幅4寸程度の板材を前後左右に、柱に臍穴を開け、板を刳って差し込み、これで四足の四本の柱が固定されます。

そして、上部の横の桟の下、前後には棒受け、棒刳りという樫の木の分厚い板がつき、舁棒を乗せるための部材がつきます。

 一応これで、四足は箱型に横の梁で連結されますので、土台としては完成ですが、これだけでは上の飾りが前後左右に揺れたり、急停止や走り出したときに上からかかる荷重のバランスが崩れ、山台に負担がかかり、やがて山台が壊れるといったことが起こり得ます。

その加重を逃がし、四足を常に元の状態にするために、四本の柱(四足)の下の方には、斜に連結する二本の横の柱(桟木)…「火打ち」と呼ばれる柱で横のねじれを防ぐ役割をもたせます。

 次に全体の立方体のゆがみを治すために、「八つ文字」と呼ばれる縄をかけて締めることによって、全体がゆがんだりするのを元に戻す仕組みを組み上げます。


これで、上の飾りがどんなに揺れたり、ゆがんだりしても、山台自体に負担がかからないようにする構造の完成です。



 ちょっと言葉だけですので、なかなか解りにくかったとは思いますが、山台の構造について書いてある本も多数ありますので、それをご覧いただければお分かりになると思います。


山大工さんと打合せをやっている中で、先人の知恵を感じずにはいられませんでした。


山笠を作った昔の人たちの知恵は本当にすごいです!  素晴らしいです!


 これまで…山笠の歴史の中で、最初作り上げ、徐々に山が豪華になり、重さも高さも増していく中で、恐らく倒壊などの事故があったんじゃないかと想像されます。


それを何とか防げないかと試行錯誤の中で、現在の山台の構造が出来上がっていったんじゃないかと想像できます。


 ということで、今の山笠の山台の構造は、上に飾りが付き、重くなってもその加重を逃がすための工夫が至る所に施されている構造になっているんです。


まさに八番山笠上川端通のために作ってある山台なんです。


その山台の構造を最大限に生かすためには、今年必死になって打合せを重ねながら、作り上げようとしている飾りの部分の構造が、まさにピッタリなんじゃないかなと思えてきている山のぼせであります。

先ずは今年作ってみて、、、来年以降はもっとそれにプラスアルファがついて・・・、往年の山笠の再現が出来るんじゃないかと思っています。


初めて真剣に構造の部分について打合せを重ねたことで、初めて山台の仕組みまで理解出来た様な気がします。



スポンサードリンク



無料アクセスアップツールWarp!-mini
URLを入力すると、誰かに閲覧されます。
  1. 2008/06/04(水) 01:46:47|
  2. 博多祇園山笠
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無事に棒洗いの神事を執り行ってきました^^。

昨日6月1日は朝早くから皆で集合して、棒洗いの神事を滞りなくやってまいりました。

打合せなど今後のことを話し合ったり、PCで資料作りなどをやって、ようやく午後3時頃帰宅。。

部屋で当番法被を脱ぎくつろいでいたら、いつの間にか寝てました(汗

朝5時半起きだったので、疲れと眠気が溜まっていたようです。

ニュースでやっていたという話でしたので、見られた方も多いのではないかと思います。。
(私は残念ながら夢の中で見てました(笑))




ここで、棒洗いの行事についておさらいをしておきます。


棒洗いとは、1年間埃にまみれて保管してあった山笠の舁棒(かきぼう)を、櫛田神社の別院である浜宮まで運んで、洗い清める行事です。

私たちの八番山笠上川端通は、他の流の先陣を切って、今日6月1日にこの行事を行いましたが、他の流や飾り山笠もこれから順次棒洗いの行事をやって、山笠製作にかかっていきます。


私の一日:

朝5時半、目覚ましの音で目覚め、何とか眠たい目を顔を洗って起こし、コーヒーを立ててパンを一かじり・・・

ようやく目がさえたところで、着替え開始。。。当番法被に袖を通し、帯を結ぶと「よしっ!」気合が入ります。

6時過ぎに家を出て、7時40分頃商店街着。


未だ誰も来てない・・・しばらくして委員の方が見え、事務所の鍵を預かり、事務所内へ・・・

前日用意してくれていた事務所隣の部屋に置いてあった棒洗い用のポリバケツ、ビニールホース、たわし、舁棒を乗せる「うま」と呼ばれる台などの備品を事務所に移し、他の連中が来るのを待つこと10分・・・数人が事務所へ・・・

先の備品を舁棒を保管してあるぜんざい広場に持っていくよう指示し、PCより名簿を出して、出欠の最終確認。。

ぜんざい広場では、梯子をかけて壁に飾ってあった舁棒を下ろしトラックに積み込む作業を並行してやっていました。

トラックに積み込む作業が終わり、未だ充分時間があったので、一旦事務所に全員移動し、コーヒーを飲みながら、今日の神事の役割分担などを確認。。

8時半、時間通り商店街を出発。


浜宮に到着すると、既に大勢の報道陣がスタンバイしていました。


トラックより舁棒他棒洗いの備品などを全て降ろし、浜宮内に舁棒を並べ、早速棒洗いの開始です。

先ず一人がロープのついたバケツを持って、浜宮奥の埠頭から海水を汲み上げます。

それをいくつかのバケツに汲み、それを持って舁棒にかけて清めます。


それから、クレンザーの粉をかけ、たわしと縄でこしらえた棒洗い用の道具で棒を皆で丁寧に洗います。

その後浜宮横にある水道の蛇口から何度も水をかけ、1年間の汚れを洗い清めた後、神事が始まります。

櫛田神社の神官が祝詞を奏上し、玉串を奉納し、皆で2礼2拍手1礼をして神事が終了。。


再び舁棒をトラックに積み込むと、保管場所へ移動。


これで本日の棒洗いの行事の終了です。


舁棒はこれから先の棒締めのときを待ちます。



我々にとっては、この棒洗いの神事が始まると、あっという間に7月の本番を迎えるという感じで、バタバタと日にちが過ぎていきます。


これからものすごく忙しい日々が続き、山笠を迎えるわけですが、また逐次行事のことや裏話などを書いていきますので、楽しみにしてください。



スポンサードリンク



無料アクセスアップツールWarp!-mini
URLを入力すると、誰かに閲覧されます。
  1. 2008/06/02(月) 00:25:58|
  2. 博多祇園山笠
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。