福岡&博多祇園山笠

東流は博多の東部旧東町筋を中心とした流です!。その中で今年から本町に復帰する町が我が上浜口町です



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

昨日は誕生日でした。

昨日1月28日は私の満58歳の誕生日でした^^。

改めてこうやって文字に書くと、もうすぐ還暦間近…なんですが、本人は全くそういう感じはしないんです。

頭の中だけは、まだまだ若いつもりでいるからでしょうね。

で、誕生日はというと、いつも通り…というか、日曜日だったので、ちょっと出かけて喫茶店でケーキを注文して、だべりながら二人で食べたことくらいですか。。。


ただ、違ったのはインターネットの仲間より、たくさんのお祝いメッセージをいただき、その返事に追われたことくらいですかね。


でも、いくつになってもこうやってお祝いのメッセをいただくのは嬉しいことですね。

まあ、最近は年も年だし、今更っていう感がありますから、あえて誕生日だってアピールもしないし、ケーキ食って喜ぶ年でもありませんものね。

あっ、プレゼントは今でも嬉しいですよ^^。・・・誰かプレゼントしてくれないかなあ。。。今でも受け付けてますよ~(笑)



と、冗談はさておき、同じ28日には博多祇園山笠振興会の新年会総会が櫛田神社で開催されました。

舁山、飾り山を含めた今年の新総務がお披露目され、いよいよ今年の山笠に向けた心の準備が整ったといったところです。


舁山は今年の一番山笠は土居流です。

土居流の上新川端町は当番町ではありませんが、一番山笠ということもあり、昨年の八番山笠上川端通の総務が今年から土居流上新川端町の総務になりますので、また総務として違った意味での責任感も出てくるのだと思います。


そして、我々の八番山笠上川端通には、今までず~っと土居流で活動されていました嶋田さんという方が同じ商店街の理事ということもあり、今年の総務になられます。

今までは八番山笠に携わって来られた長老の方が、例年総務に着かれていたのですが、今年は諸般の事情から、ずっと舁山しか経験がなかった方が総務になられますので、我々若手も準備が大変だと心を引き締めています。


前にも書きましたが、我々八番山笠上川端通りは、舁山の土居流の構成町でもある上新川端町と同じ地域なんです。

山笠の流の中でも、同じ地域に二つの山が存在する…しかも両方共に動くというのは、例がないことなのです。

そういう意味では、我々の八番山笠は毎年当番町で、しかも1ヶ町のみで山笠を動かすという他にないやり方で、山笠を運営しているのです。
(他の流は、当番町の順番制で運営しています)


当然、役員にかかる負担は他の流の比ではありません。

しかも毎年のことですから、苦労は並大抵ではないのです。


でも、八番山笠に携わっている皆は、昔からの飾り山をそのまま舁(か)いでいるという誇りと自慢を胸に秘め、これを立派に奉納することに命をかけている連中ばかりです。


だから、今まで続けてこられたのです。


今年も総務は代わっても、立派な八番山笠上川端通りを奉納しようという気持ちに変わりはありません。


このブログをお読みの皆さまも、そういう気持ちで応援していただければ、我々も嬉しいです。


これからは、また少しずつ山笠豆知識などを披露して行きたいと思っていますので、よろしくお願いします。


誕生日を迎えて、また心新たに山笠行事に邁進していく所存であります。


スポンサードリンク



無料アクセスアップツールWarp!-mini
URLを入力すると、誰かに閲覧されます。



スポンサーサイト
  1. 2007/01/29(月) 10:11:26|
  2. 団塊世代
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月1日…いよいよ山笠に突入!

去年山を舁(か)いたばかり…みたいな感じで、もう今年の山笠がやってきました。


準備期間中も大変だったけど、これからはもっと忙しくなります。

昨日7月1日は山笠に神様をお迎えする儀式…「御神入」が朝8時30分から行なわれました。

私たちは1時間前に集合して、前日準備したお供え物や山笠用具などを完成したばかりの山の前に置いて、神官をお迎えに櫛田神社に行きました。

そして、お歴々が揃ったところでいよいよ神事が始まります。


博多では、博多時間というのがあって、なかなか時間通りに人が集まらなかったり、約束に遅れるなど結構ルーズな面があるのですが、山笠のときだけは別です。

時間で全ての行事が進行していきますので、遅刻などはもってのほか!


粛々と1分1秒の狂いもなく行事が進行していきます。


これから7月8日までは飾り山笠が主役で、色々な場所に高さ11mもある豪華絢爛な山笠がその優雅さや絢爛さを競い合います。




そして、7月9日になるとお汐井取りといって、博多からおよそ5km離れた箱崎宮の海岸(浜)まで隊列を組んで小走りで、それぞれの流が浜の砂を取りに行きます。

この砂のことを「お汐井」と呼ぶのですが、山に出る男たちは取ってきたお汐井を出かける度に身体にふりかけ、向こう1年間の出先での安全を祈願します。

この「お汐井取り」が済んだ翌日からはいよいよ舁山(かきやま)が動き出します。

「お汐井取り」は山笠が「清」から「動」に変化する節目の行事なのです。



明日は参加する人たちを呼んで、舁山を動かす際のいろいろな決まり事や、安全対策、テクニックを教える日です。


こういった感じで、7月15日の最終日まで、毎日が山笠一色で進んでいきます。



だから、大変なんです。

…仕事もしながら、それ以上に山笠に時間を取られる毎日なので・・・。


でも、それが山笠なんですよ。
  1. 2006/07/03(月) 04:46:27|
  2. 団塊世代
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すみませんm(_ _)m

明日・・・というか今日から「博多祇園山笠」の祭り期間に入りました。


これから7月15日の追い山までは、殆どPCに向かう暇がありません。

残念ですが、毎日の書きこみはできなくなりました。




これからは祭りの実況中継をしていきますので、皆様も博多の祭りを楽しんでください。


山笠があるけん博多たい!



よろしくお願いします。
  1. 2006/07/01(土) 01:57:30|
  2. 団塊世代
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。