福岡&博多祇園山笠

東流は博多の東部旧東町筋を中心とした流です!。その中で今年から本町に復帰する町が我が上浜口町です



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

八番山笠上川端通・・・豆知識

ちょっと一息・・・ここで八番山笠に関する豆知識を披露しましょう。

八番山笠上川端通は昭和39年、当時上川端商店街でジーンズやジャンバーなどを販売するお店を経営されていた半田新一さんという方(故人)が、昔の飾り山笠を舁いでいた時代を残せないものかと思案され、自身で山笠が伸び縮みする構造を考案されて現在に至っているんです。

ですから、昔はこの八番山笠は半田山と呼ばれていました。

半田さんは、もう10年ほど前になりますでしょうか・・・テレビのCM(博多のお菓子の宣伝)で、昔の町並みの家の前で、ばんこ(木で簡単に作った長いすみたいな物)に座って「寄っていかんね」とニコニコしながら涼んでいるという役をされていましたので、ご覧になった方もいらっしゃると思います。


しかし今回、山大工さんが急遽新しく変わられたことと、昨年倒壊事故を起こしたことで、上下する構造を全く新しい方法に変えてやろうということになっていますが、半田さんが八番山笠を作られた功績は非常に大きいものがあります。


以前・・・昭和の時代は我々の八番山笠は、上下する構造はそのままなのですが、舁棒(かきぼう)の長さが舁山と同じ3軒棒で動かしていました。(現在は4軒棒といって、棒全体の長さが1.8mほど舁山よりも長くなっています)

当時の山笠は現在、商店街の中の「ぜんざい広場」で実物を見ることが出来ます。


舁手が七流の舁山と同じ人数で、重さだけが倍以上・・・我々の八番山は約2トンの重さがあります。

当時を思い出すと、悲壮なものがありました。。

なんせ、当時は櫛田神社の清道入りだけしかやってなかったんですが、それでも舁手は少なく、しかも年寄りばかり・・・(笑)

そんな状態で、清道を一周して出て行く。。

もう、一周するのに2分前後かかり、清道の中であっちに引っかかり、こっちに止まりという状態で、その度に飾りが大きく揺れ、桟敷席から悲鳴やため息が上がるのを聞きながら、必死の思いで動かしていました。


思い出すと、本当に懐かしいと同時に、よく今まで続けてこれたよなあって、感慨深いものがあります。



ところで、よくどうやって上げ下げをしているんですか?という質問を受けるのですが、昨年までは半田さんの構造に少し改良を加えて、電動で上下する構造にしていました。

それまでは人力でチェーンブロックを巻き上げて、上げ下げをやっていたんです。


まあ、中の構造については昔ながらの木造の構造で上げ下げ出来るようにした・・・ということでご理解ください。



今年は構造が大幅に変わるので、どういう感じなるのか、、、実際に作り上げて試してみないと何とも言えませんが、去年以上の素晴らしい山笠になることだけを願っています。


そのうちに清道の中で、電線の関係で、ただ一箇所廻っていない承天寺の清道を廻ることが出来れば、、、それを夢にこれからも頑張って続けていこうと思っています。



スポンサードリンク



無料アクセスアップツールWarp!-mini
URLを入力すると、誰かに閲覧されます。
スポンサーサイト
  1. 2008/04/23(水) 15:58:42|
  2. 博多祇園山笠
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山大工さんの所へ打合せに行ってきました。

去る16日、夜7時に商店街に集合して、車で山大工さんの工場へ・・・

郊外の山の中にある工場へは、結構時間がかかりましたが無事に到着。。

工場の中には仮組みした八番の山台が置いてありました。


改めて見てみると、昨年の事故の衝撃の大きさが伝わってきました。


四足を下のほうでつなぎとめている「への字」という樫の木が4本のうち、3本に折れていたり、ひびが入って使い物にならなくなっていました。


そこで、今年の山について話し合いをしたのですが、途中から去年の山大工さんの二人が合流してもらい、山を上げ下げする構造を説明してもらいました。


まあ、我々としては今まで20年以上も同じ構造で八番山笠をやってきて、今回の事故はいろんな複合的な要素が全て集中した結果起きたものであり、新しく作り直せば、これからも同じ構造で起こる可能性は非常に低いと考えてはいるんですが、、、

新しい山大工さんにとっては、どうしても事故の印象が大きく残っていて、自分の名前でまた山が壊れるなんてことは絶対に避けなければならないということと、、、

八番山笠は上げ下げする都合から、他の飾り山笠とは若干仕上がった状態に違いが出ることに、何とか他の方法で上げ下げ出来て、本来の山笠に近づけたいという思いがあって、話し合いの中でも意見の合致には至りませんでした。


ただ、今回は後1ヶ月半くらいしか時間的な余裕がありません。

そこで新しい方法が直ぐに見つかり、それで不具合が生じずに上げ下げが出来れば良いんですが、なかなかそうは行かないんじゃないかというのが我々の受けた印象でした。

時間がないことと、新しい山大工さんのプライドなど、こちらでも理解できることがぶつかり合ったので、非常に難しい問題になってきました。


今回は初めての話し合いと言うこともあり、2、3日じっくり考えてみたいという新しい山大工さんの提案もあり、その考えられた結果を基に、再度話し合いをやり、最終決断をしたいと思っています。

何とか上手く行ってくれれば・・・、それだけを願っています。


でも、山台を見た途端、集まった仲間も何か「よ~しやってやるぞ!」という新たな闘志が湧き上がって来た様な気がしました。


絶対に去年に負けない素晴らしい山笠を作り上げたいと思っています。



スポンサードリンク



無料アクセスアップツールWarp!-mini
URLを入力すると、誰かに閲覧されます。
  1. 2008/04/19(土) 22:28:41|
  2. 博多祇園山笠
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日は山大工さんと打合せ

明日は夜7時に商店街に行き、山大工さんの工場に行って打合せです。


ところで今日は同じ八番の役員の御祖母様が亡くなられて、葬式でした。。。

私も顔を出そうかなと思っていたんですが、昨日からどうも腰…というか背中が痛み出して、明日のこともあるし、大事を取って休ませていただいています。

今度の痛みは普段の腰の痛みとは違うような・・・
今日もちゃんと寝たんで、少しは痛みが和らいでいるかと思ったのですが、何か昨日よりもひどい様な気がします。

明日も痛みがひどいようであれば、病院に行ってきちんと治療してもらおうかなって思っております。
葬儀のことですが、御祖母様ですので今年は彼は参加できないことになります。

その他にも今年は1,2名がいろんな事情で役員を抜けるということがあっていますので、今回彼が出られないということは非常に痛いです。

そういう意味でも、私まで出られないという事態にならないようにしなければと今日はゆっくりさせていただいているんです。


ところで、明日の山大工さんとの打合せは、今年の山笠が建設できるかどうかという非常に重要な話し合いになります。

何せ、今までの八番山笠の構造を何も知らない方ですので、こちらで解る限りの資料や構造を教えた上で、どうやって行くかを話し合わなければならないですから・・・


ということで、明日の話し合いの模様はまた書かせていただきますね。


とにかく、今年も大変な山笠になりそうです。

去年の思いを払拭するためにも、今年は何としても素晴らしい八番山笠が復活したということをアピールし、皆が一丸となって山笠に邁進できる様にしなければなりません。

そのためにも、人数が減って大変な状況ですが、何としても八番山笠を作り上げなければならない!

山のぼせの真骨頂発揮です!


頑張りますので、どうか皆様の応援のほどよろしくお願いします。

平成16年追山馴(7月12日)櫛田入り



スポンサードリンク



無料アクセスアップツールWarp!-mini
URLを入力すると、誰かに閲覧されます。

  1. 2008/04/15(火) 16:55:45|
  2. 博多祇園山笠
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

先日、初寄りがありました。。

夜8時からの初寄りの開始前に資料作りをと考えていたんですが、家での仕事が長引いて、予定よりも1時間遅く午後7時頃に商店街事務所に到着。。


早速事務所のPCを開き、これから先の今年のスケジュール表(予定)、本日の議題、出席表などをプリントアウト・・・

そこへ一番早く総務が到着されました。

PCの作業をやりながら総務と話をしていると、徐々に役員たちが集まりだしました。


ほぼ全員が揃ったところで、いよいよ今年の山笠に関する初会合(初寄り)の開催です。


何とか資料作成も間に合いました。


今年の総務は商店街の理事長をされている原さんがされることになり、以前にも何回も八番山笠の総務を経験され、八番に人一倍愛着心を持っておられる方なので、昨年のような心配は無用・・・そちらの面では一安心といったところですが・・・


昨年あんな事故があったことで、いろいろな改良点などを話し合う予定が、昨年までの馴染みの山大工さんの急な事情で、今年の山笠の建設には携わることができなくなりました。

本当に青天の霹靂の事態発生です!


そこで急遽別の山大工さんにお願いすることとなり、今回はその会社の社長に参加してもらい、そちらの話を中心に進めることになりました。


今年こそはと思っていたところに、山大工の交代・・・しかも今回は我々の八番山のことを詳細に申し送りとかが出来てないため、全くのゼロからの山笠建設になりそうな感じです。



我々の八番山笠は他の飾り山笠と違い、7月の12日と15日に走り回るために、電線や信号機の関係で山が上下する構造になっています。

しかし、その仕組みを分かっているのは役員の中でも私を含め、ほんの数人しかいません。

ために、これから先は新しい山大工さんと頻繁に打合せを重ねながら、山笠作りに向かっていかなければなりません。

以前から考えていたことなんですが、八番山笠の構造図を描いておこうと思いながら、ズルズルと今に至ったことを我ながら反省しきりの状態です。


今は仕事の間に、頭の中にインプットされている構造を図解にして描き揚げようと、分かっていることをランダムにメモ書きし、図解にするための資料収集といったところですが、、、




時間がない!



6月の後半には山笠の建設が始まります。


残り、後1ヵ月半・・・・・何とか描き上げなければ、、、またまた滅茶忙しい日々が続きそうです。。。アセアセ


幸いにも元々山大工さんだけあって、基礎の部分というか山笠の台の部分はお任せできそうなので、飾りの構造部分を描き上げて、それを理解してもらえばいいので、出来るだけ早く描き上げて、本製作前に試作をやろうということになりました。


ということで、昨年の事故を踏まえての構造上の改良などは、一応頭に入れながら、全くまっさらの状態からの製作になります。




何か、、、去年よりも大変な気がしています。


責任も重大・・・出来るかなあ。。。


んなことは言ってられない状況・・・何としても作り上げなければならない!


まあ、見ていてください。。


汗と涙の結晶を披露いたします!



ということで、これからまたまた忙殺される日々が続きそうですが、何とか老体に鞭打って・・・・・・・・・頑張ります!(^^)




スポンサードリンク



無料アクセスアップツールWarp!-mini
URLを入力すると、誰かに閲覧されます。



  1. 2008/04/10(木) 00:25:00|
  2. 博多祇園山笠
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。