福岡&博多祇園山笠

東流は博多の東部旧東町筋を中心とした流です!。その中で今年から本町に復帰する町が我が上浜口町です



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

先日は山大工さんとの打合せ

一昨日は山大工さんの会社に行き、八番の飾りや上下する構造について話合って来ました。

さすがに建築会社だけあって、きちんとした図面が出来ており、やはりこうでなくっちゃなあ・・・っていう感を受けました。

昨年までの我々の八番山は図面という図面はなく、半田さんが作ったときのメモやスケッチ画みたいなものが残っていただけで、山大工さんはそのときの雰囲気で現場合わせで製作していたんです。

だから、昨年の倒壊事故の後に新しい山大工さんと打ち合わせを行った際は、それらの乏しいメモでしか話し合いが出来なくて、説明するのに非常に苦労しました。


以前から、製作段階で写真に収め、図面化しておかないといけないなあ・・・と思っていた矢先の倒壊事故だったので、私自身も非常に悔やんだ部分がありました。

でも、今回は全く新しい構造ではありますが、きちんと図面かされてそれに基づいて山が製作されますから、安心な面はあります。

まだまだ、作っていく過程でいろいろと手直しをしながらやっていくことになるとは思いますが、図面を見る限り、お~、昔の山に近いジャン!

これで上手くいけば本当に昔からの飾り山を舁いていた時代の山笠の再現になりそうですから、今まで以上に気概を持って山を舁けそうです^^。


これぞ博多の山笠たい!


前回の日記でも書きましたように6月1からは、気持ちも新たに当番法被に袖を通して棒洗いを始めとした山笠の正式な行事に入っていきます。

みんなの想いがこもった素晴らしい八番山笠上川端通の再出発の日が迫ってきたって感じです。

毎年のことですが、我々八番山笠上川端通は1ヶ町(上川端商店街)で運営している山笠です。

そのために、毎年当番町でもあるというところから、6月1日の棒洗いを初め、各種行事は全て現在の役員が毎年やらないといけません。

でも、集まってきている人間は八番が好きで来ている人たちばかりですから、それほど苦にはしていません。

ただ、毎年のことなので、感動が薄れるということがあるんじゃないかと感じました。(他の舁山の流では10ヶ町前後で構成されているんで、当番町が廻ってくるのが、10年に一度という町もあり、当番町に対する思い入れは全く違います)

だからそのことを考えると、当番町になっていろいろとやらなければならないことを我々は毎年やっているんだという自覚と誇りを持って、これから各行事に当たっていかねばならないし、皆にもその気持ちを理解してもらうことが出来れば、本当に感動できる山笠を動かすことが出来るんじゃないかと思うのです。


今年は本当に感激できる・・・また感動する八番山笠上川端通にしていきたいと思っています。



新しい八番山笠に乾杯!




スポンサードリンク



無料アクセスアップツールWarp!-mini
URLを入力すると、誰かに閲覧されます。
スポンサーサイト
  1. 2008/05/29(木) 17:46:01|
  2. 博多祇園山笠
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いよいよ山笠シーズン突入です^^。

5月も残すところ僅かとなり、いよいよ山笠シーズンに突入です^^。

先週には実働部隊の有志を集めての懇親会をやり、昨年の倒壊事故を踏まえ、今年のやり方やこれから先の組織のあり方について、忌憚のない意見交換を行いました。

まあ、ぶっちゃけトーク&飲み会を開催して、ガス抜きをやったんです。

そして・・・今週に入り、在庫チェックと運営委員会(寄り)をやって、今年をより良い八番山笠にするために話し合いを行いました。


昨年、前代未聞の山笠の飾り部分の倒壊という大事故に見舞われ、幸いにも一人の怪我人も出さずに済んだのですが、追い山での帰り道は非常に悔しい思いをしました。

そういうこともあって、皆の心の中にはいろいろな原因追及というか、やはり組織自体がこのままではいけないという危機感が出てきて、今年の寄りは今までとは全く違う様子で、皆が積極的に意見を出し合い、より良い八番にするためにとの想いがひしひしと伝わって来る様な真剣な議論が展開されました。

何か、やっと一つの組織として一致団結の心が出てきました。。。これは、すごく喜ばしいことです。


これから今までの問題点を一つ一つクリアしながら、去年までとは全く違った新しい八番山笠上川端通として再出発することが出来そうです。

やっぱり、「山」っちゃあ良かねぇ♪


皆、八番山笠上川端通が好きやけん、集まってきたっていうことを再認識することができました。

去年の倒壊事故の影響からか、今年は急な事情で山大工さんが交代しなければならないという事態が起こり、急遽新しい山大工さんに八番山の製作をお願いしました。

新しい山大工さんは既にいくつかの流の舁山(かきやま)や飾り山を手がけておられ、経験も豊富な方ということもあり、今年の八番の製作のやり方について自分なりに考えたいとのことで、去年までとは全く違った方式での山笠の構造になるということに決まりました。


我々としては、今年の山笠には期待半分、不安半分という心境ですが、とにかくお願いした以上、どんな山笠になるか楽しみではあります。

我々も出来上がりの姿が想像できない・・・というところが、今年の山笠に対する正直な感想です。

出来上がりが・・・乞うご期待!といったところですね。

構造的には去年までの機械的な構造から、昔ながらの木造構造の中に上げ下げする仕組みを組み込むというやり方なので、見た目には本来の飾り山の構造に近い物になりそうですが、八番山は上下する構造があるということと、そのまま舁手がついて走るということに関して、今年はやってみなければ分からないという面がありますから、とにかく作り上げてやってみた上で、改良ということになるでしょう。


ということで、いよいよ来月6月1日には他の流の先陣を切って、「棒洗い」の神事を執り行います。

興味がある方は、6月1日朝8時30分くらいに、ベイサイド博多埠頭にある櫛田宮浜宮別院で八番山笠上川端通の棒洗いの神事を執り行いますので、見に来てください。



今年もまた、当番法被に袖を通す季節がやってまいりました。


昨年の悔しい思いを吹き飛ばすような、素晴らしい八番山笠上川端通の雄姿を披露したいと考えております。

今年こそは終わって、皆で抱き合って感涙に咽ぶような山笠にしたい山のぼせであります。


皆様の応援よろしくお願いします!


スポンサードリンク



無料アクセスアップツールWarp!-mini
URLを入力すると、誰かに閲覧されます。
  1. 2008/05/24(土) 00:03:09|
  2. 博多祇園山笠
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。