福岡&博多祇園山笠

東流は博多の東部旧東町筋を中心とした流です!。その中で今年から本町に復帰する町が我が上浜口町です



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

昨日は気分転換に、東長寺に行ってきました。

彼女と一緒に東長寺というお寺に行ってきました。

このお寺は、山笠でも清道ができ、必ず舁き山が拝礼していく由緒あるお寺です。


真言宗の本山で、親鸞聖人が唐から帰国して日本で最初に建立したお寺なんです。
・・・ここから真言密教が広まったと伝えられています。


今年は東長寺開創1200年に当たり、10月からその奉祝記念行事が行なわれます。

あっ、それからここには木造坐像では日本一に当たる平成3年に完成した高さ10.8mの巨大な大仏「福岡大仏」があることでも有名なんですよ。


私の家の宗派は浄土真宗なんですが、彼女のところが真言宗の古くからの信者のようで、そういうこともあり度々東長寺を訪れます。

境内には筑前藩主黒田家の墓もあり、その独特な形には不思議な力を感じます。


宗派に関係なく(元々私自身はあまり宗教が云々ということはないので・・・)こういう場所に行くと、不思議と心が落ち着きますね。

本堂に入り、ろうそくと線香を買ってそれをつけて、お参りをする。

そして、本堂の中をゆっくり見回す・・・正面に自作と伝えられる親鸞聖人像を拝し、右手には国の重要文化財に指定されている千手観音菩薩、左手にはこれも親鸞聖人作と伝えられている不動明王立像と三対のご本尊がこちらを見ている(千手観音菩薩像と親鸞聖人像は28日の護摩供法要のときにしか扉がが開けられないので、見ることはできませんが…)

目を閉じ、心を静かに・・・やがて目をゆっくり開け、ご本尊を見ながら、何も考えずにじっと見つめていると、何かを感じるみたいな気がする。

1200年の時を超えた何かを・・・。


この後、2階に上がり、先ほどの福岡大仏を拝顔して、東長寺を後にした。


次の日曜日、10月1日には庭儀大曼荼羅供法要(ていぎだいまんだらくほうよう)が開かれるとのこと・・・、未だ見たことがないので、一緒に行くことにしている。

そうそう彼女のご祖母様の13回忌の法要もこの10月に執り行う予定とのこと。


これも何かの因縁めいたものを感じている山のぼせです。



スポンサードリンク
20060925061957.jpg
東長寺本堂
20060925062015.jpg
福岡大仏
20060925062048.jpg
黒田忠之公の墓所


無料アクセスアップツールWarp!-mini
URLを入力すると、誰かに閲覧されます。
スポンサーサイト
  1. 2006/09/25(月) 06:11:17|
  2. 福岡県福岡市博多区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://binbodasshutsu.blog71.fc2.com/tb.php/51-80336e5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。