福岡&博多祇園山笠

東流は博多の東部旧東町筋を中心とした流です!。その中で今年から本町に復帰する町が我が上浜口町です



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガーン!!

昨日の新聞の夕刊を見ていたら、なんと私が出演?する予定だった映画の記事が・・・宣伝ではなくて主役にスポットを当てて書いてありました。

改めてかばんからシナリオを取り出し、読んでみました。



出たかったなあ・・・別に私は役者じゃないんで、キャスティングからもれたことについては、それほど悔しいとは思っていないんですが、実際に役者として、あ~いう現場を体験してみたかったのです。




映画の題名は「長州ファイブ」

監督は五十嵐匠
主演は松田優作の息子、松田龍平。



映画の中味は明治維新の前に国禁を犯して、イギリスに密航した5人の長州の若者(志士)たちのことを描いたものでありますが、彼らは後の日本の近代化の素となった技術や政策を持ち帰って、それぞれに活躍したのです。



因みに長州ファイブと呼ばれた若者たち

☆山尾庸三:最後まで英国に留まり、帰国後、日本工学の父と呼ばれた。

☆伊藤俊輔:後の伊藤博文。帰国して維新の内閣を築き、初めての内閣総理大臣となる。

☆志道聞多:後の井上馨。帰国して維新の外交の始祖となる。

☆野村弥吉:後の井上勝。帰国後、鉄道の鬼となり、日本最初の鉄道を作った。

☆遠藤謹助:帰国して造幣局を創設した。





で、私の役??だったのは、彼らに近代化を推し進めるためには、西欧文明諸国を見習わなければと、強く海外視察を示唆する

松代藩の兵学者、佐久間象山だったのです。



いやぁ・・・たった2ページのセリフだったんですが、やってみたかったですねえ。





シーンNO.13

【聚遠楼・信州松代】

    象山の前、聞多と俊輔が座す。

聞多 「先生の幕府への意見書読ませていただきました。先生は世界の大勢を説き、時局を論じ、武備の充実を語り、攘夷は不可能と断じている、先生の説く進歩的開国論とやらは私には理解できません」

象山 「御殿山でのエゲレス公使館での焼き打ちには、火薬が使われていると聞いたが・・・」

二人 「・・・・」

象山 「もし、これがエゲレス側にもれた場合火付け役の者達は、どうするのだろうかね」

二人 「(何も答えず)・・・・・」

    象山、ニヤリとし、

象山 「西欧文明諸国と伍するには『夷をもって夷を制す』より他に道はない」

俊輔 「そのためには?」

象山 「それには有為の人材を西欧に派遣し、事情視察にあたらせる。そして、陸海軍事技術、海防、築城の術を直接習得させるのだ」

聞多 「・・・・・」

俊輔 「異国かぶれというものだ」

象山 「私は攘夷のために異国を知る必要がある。そう言っておるのだ。中国、孫子の兵法をご存知か?」

二人 「・・・・・」

象山 「敵を知り、己を知れば百戦、危うからず」

    象山、二人の前に大きな紙を広げる。
    それは世界地図である。

象山 「これが全世界だ。この小さな国が我が日本だ。・・・・・幕府やら、藩やら、小さい事よ」

二人 「・・・・・」






すごいでしょ。
かなり重要な役回りなんですよ。


まあ、ざっとこんな感じで出番があったんですが・・・仕方ないですね。




福岡・山口地区はこの10月28日から上映。
2007年には全国で順次公開予定とのことです。



見に行かれる方は、ここの場面にきたら、どんな風にシナリオが変わっているかいないかも含めて、見る楽しみが増えますよ^^。





それにしても、新聞に取り上げられるような映画だとは思ってなかったので、そんな映画に出演しようとしていたとは・・・


やはり無手勝流の山のぼせでした。



スポンサードリンク
20060927215004.jpg
スポンサーサイト
  1. 2006/09/27(水) 21:38:31|
  2. 福岡県福岡市博多区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

からだなおし さん

コメントありがとうございます。


少しお役に立てたのなら嬉しいです^^。

これからもよろしくお願いします。
  1. 2006/10/09(月) 22:36:49 |
  2. URL |
  3. 山のぼせ #PinUTwLU
  4. [ 編集]

知らないことなのでだめになりした。
ポチツトしときました。
  1. 2006/10/07(土) 11:58:24 |
  2. URL |
  3. からだなおし #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://binbodasshutsu.blog71.fc2.com/tb.php/52-51c0e394
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。