福岡&博多祇園山笠

東流は博多の東部旧東町筋を中心とした流です!。その中で今年から本町に復帰する町が我が上浜口町です



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

櫛田のぎなん・中洲祭りほか

ブログ更新がすっかり滞ってしまって、やっと何か書かねばと思い、重たい腰を上げました。


9月末には櫛田神社で銀杏の木の実を落とす「ぎなん落し」の行事があり、いよいよ秋本番といった季節の感が出てきました。


10月に入ると直ぐ隣町の中洲では、國廣神社の奉納神事?を伴った中洲祭りが開催されました。

中洲祭りでは歓楽街にふさわしく、國廣神社の御輿は全て女性が担ぐ御輿で、別名女御輿と呼ばれています。

期間中、中洲大通りには屋台が立ち並び、広場では歌謡ショウ、カラオケ大会、オカマショーなど中洲にふさわしいイベントが賑やかに催されます。

中洲に来て、先ず屋台のビールなどを飲みながら、オカマショーを見ている内にほろ酔い加減になり、お店にはとうとう寄らずに帰ってしまったという笑えない話もよく聞きます。

そういった事情を踏まえ、今年からはしご酒大会なるものも催され、たった3000円で、中洲のいろんなお店をはしご酒できるチケットも発売され、大好評でした。



そういった中、東長寺では開創1200年奉祝行事が10月1日の庭儀大曼荼羅供法要が開かれたのを皮切りに、次々とイベントが開催されています。

3日には御写経奉納法要、4日には天神のアクロス福岡シンフォニーホールにおいて、「天の響き(声明(ショウミョウ)公演)」が開催され、京都大原・魚山声明(30名)と高野山南山進流(40名)の二大競演があり、昼夜2回開かれ、いずれも超満員という盛況でした。

また、8日の日曜日には午前中の大般若転読法要、夕方からは境内において博多の和太鼓集団が集まっての競演「和太鼓フェスティバル」が催され、これも1000人以上の観客で埋め尽くされました。


これからも月末まで色々な行事が目白押しです。



次回は櫛田神社、東長寺に次ぐ第三の清道が作られる承天寺について書いていきたいと思います、


それから余談ですが、前回の映画の件ですが、10月28日から福岡ではキャナルシティ博多で公開されるそうです。
お時間がある方は是非見に行ってみてください。



スポンサードリンク

中洲祭り(國廣女御輿)

中洲祭り(國廣女御輿)
提供:博多の祭りHP


無料アクセスアップツールWarp!-mini
URLを入力すると、誰かに閲覧されます。
スポンサーサイト
  1. 2006/10/09(月) 15:04:17|
  2. 福岡県福岡市博多区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://binbodasshutsu.blog71.fc2.com/tb.php/53-17c7a71a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。