福岡&博多祇園山笠

東流は博多の東部旧東町筋を中心とした流です!。その中で今年から本町に復帰する町が我が上浜口町です



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

先日、初寄りがありました。。

夜8時からの初寄りの開始前に資料作りをと考えていたんですが、家での仕事が長引いて、予定よりも1時間遅く午後7時頃に商店街事務所に到着。。


早速事務所のPCを開き、これから先の今年のスケジュール表(予定)、本日の議題、出席表などをプリントアウト・・・

そこへ一番早く総務が到着されました。

PCの作業をやりながら総務と話をしていると、徐々に役員たちが集まりだしました。


ほぼ全員が揃ったところで、いよいよ今年の山笠に関する初会合(初寄り)の開催です。


何とか資料作成も間に合いました。


今年の総務は商店街の理事長をされている原さんがされることになり、以前にも何回も八番山笠の総務を経験され、八番に人一倍愛着心を持っておられる方なので、昨年のような心配は無用・・・そちらの面では一安心といったところですが・・・


昨年あんな事故があったことで、いろいろな改良点などを話し合う予定が、昨年までの馴染みの山大工さんの急な事情で、今年の山笠の建設には携わることができなくなりました。

本当に青天の霹靂の事態発生です!


そこで急遽別の山大工さんにお願いすることとなり、今回はその会社の社長に参加してもらい、そちらの話を中心に進めることになりました。


今年こそはと思っていたところに、山大工の交代・・・しかも今回は我々の八番山のことを詳細に申し送りとかが出来てないため、全くのゼロからの山笠建設になりそうな感じです。



我々の八番山笠は他の飾り山笠と違い、7月の12日と15日に走り回るために、電線や信号機の関係で山が上下する構造になっています。

しかし、その仕組みを分かっているのは役員の中でも私を含め、ほんの数人しかいません。

ために、これから先は新しい山大工さんと頻繁に打合せを重ねながら、山笠作りに向かっていかなければなりません。

以前から考えていたことなんですが、八番山笠の構造図を描いておこうと思いながら、ズルズルと今に至ったことを我ながら反省しきりの状態です。


今は仕事の間に、頭の中にインプットされている構造を図解にして描き揚げようと、分かっていることをランダムにメモ書きし、図解にするための資料収集といったところですが、、、




時間がない!



6月の後半には山笠の建設が始まります。


残り、後1ヵ月半・・・・・何とか描き上げなければ、、、またまた滅茶忙しい日々が続きそうです。。。アセアセ


幸いにも元々山大工さんだけあって、基礎の部分というか山笠の台の部分はお任せできそうなので、飾りの構造部分を描き上げて、それを理解してもらえばいいので、出来るだけ早く描き上げて、本製作前に試作をやろうということになりました。


ということで、昨年の事故を踏まえての構造上の改良などは、一応頭に入れながら、全くまっさらの状態からの製作になります。




何か、、、去年よりも大変な気がしています。


責任も重大・・・出来るかなあ。。。


んなことは言ってられない状況・・・何としても作り上げなければならない!


まあ、見ていてください。。


汗と涙の結晶を披露いたします!



ということで、これからまたまた忙殺される日々が続きそうですが、何とか老体に鞭打って・・・・・・・・・頑張ります!(^^)




スポンサードリンク



無料アクセスアップツールWarp!-mini
URLを入力すると、誰かに閲覧されます。



スポンサーサイト
  1. 2008/04/10(木) 00:25:00|
  2. 博多祇園山笠
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://binbodasshutsu.blog71.fc2.com/tb.php/70-7c690f49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。