福岡&博多祇園山笠

東流は博多の東部旧東町筋を中心とした流です!。その中で今年から本町に復帰する町が我が上浜口町です



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

先日は山大工さんとの打合せ

一昨日は山大工さんの会社に行き、八番の飾りや上下する構造について話合って来ました。

さすがに建築会社だけあって、きちんとした図面が出来ており、やはりこうでなくっちゃなあ・・・っていう感を受けました。

昨年までの我々の八番山は図面という図面はなく、半田さんが作ったときのメモやスケッチ画みたいなものが残っていただけで、山大工さんはそのときの雰囲気で現場合わせで製作していたんです。

だから、昨年の倒壊事故の後に新しい山大工さんと打ち合わせを行った際は、それらの乏しいメモでしか話し合いが出来なくて、説明するのに非常に苦労しました。


以前から、製作段階で写真に収め、図面化しておかないといけないなあ・・・と思っていた矢先の倒壊事故だったので、私自身も非常に悔やんだ部分がありました。

でも、今回は全く新しい構造ではありますが、きちんと図面かされてそれに基づいて山が製作されますから、安心な面はあります。

まだまだ、作っていく過程でいろいろと手直しをしながらやっていくことになるとは思いますが、図面を見る限り、お~、昔の山に近いジャン!

これで上手くいけば本当に昔からの飾り山を舁いていた時代の山笠の再現になりそうですから、今まで以上に気概を持って山を舁けそうです^^。


これぞ博多の山笠たい!


前回の日記でも書きましたように6月1からは、気持ちも新たに当番法被に袖を通して棒洗いを始めとした山笠の正式な行事に入っていきます。

みんなの想いがこもった素晴らしい八番山笠上川端通の再出発の日が迫ってきたって感じです。

毎年のことですが、我々八番山笠上川端通は1ヶ町(上川端商店街)で運営している山笠です。

そのために、毎年当番町でもあるというところから、6月1日の棒洗いを初め、各種行事は全て現在の役員が毎年やらないといけません。

でも、集まってきている人間は八番が好きで来ている人たちばかりですから、それほど苦にはしていません。

ただ、毎年のことなので、感動が薄れるということがあるんじゃないかと感じました。(他の舁山の流では10ヶ町前後で構成されているんで、当番町が廻ってくるのが、10年に一度という町もあり、当番町に対する思い入れは全く違います)

だからそのことを考えると、当番町になっていろいろとやらなければならないことを我々は毎年やっているんだという自覚と誇りを持って、これから各行事に当たっていかねばならないし、皆にもその気持ちを理解してもらうことが出来れば、本当に感動できる山笠を動かすことが出来るんじゃないかと思うのです。


今年は本当に感激できる・・・また感動する八番山笠上川端通にしていきたいと思っています。



新しい八番山笠に乾杯!




スポンサードリンク



無料アクセスアップツールWarp!-mini
URLを入力すると、誰かに閲覧されます。
スポンサーサイト
  1. 2008/05/29(木) 17:46:01|
  2. 博多祇園山笠
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://binbodasshutsu.blog71.fc2.com/tb.php/75-d2c1cb89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。