福岡&博多祇園山笠

東流は博多の東部旧東町筋を中心とした流です!。その中で今年から本町に復帰する町が我が上浜口町です



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山台の構造

 我々の八番山笠上川端通は、急な山大工さんの交代で、新しい山大工さんが出来る限り昔の構造をそのまま残した山を作りたいとの想いから、構造・・・特に山台から上の部分が大幅に変わるんですが、山台自体の構造は他の舁山と同じやり方で作られております。

 その中で、話し合いを重ねていく中、山台の構造は元々昔、飾り山を舁いでいた時代に、上が重く、大きいため、止まったり、動いたり繰り返す中で山台がゆがんだり、強度が弱ったりするのを防ぐために考え出された構造ではないかと解ってきました。


ですから、今の山大工さんが昔の構造に出来るだけ近くと言われるのは理にかなっているんです。


 今更何を言ってんだ!と言われそうですが、今まで棒締めなどをやってきてましたが、まあ、昔からこんな風に作られていて、ただ、それを踏襲しているだけ・・・みたいな考えで、構造自体を真剣に考えたことがなかったんです。


ただ、何となく山笠っちゃあ、こげな構造で出来上がっとるったい!程度の見識でしか、見てませんでした。(ホント恥ずかしい話ですが・・・)

もちろん、何のためにどういう役割で火打ちや八つ文字縄が掛けられているかくらいは分かってはいたんですが、実際にこんな荷重がかかるから、ここの構造は必要なんだという具体的に踏み込んだ意味までは理解してなかったんです。



 山台は四足と呼ばれる4本の柱を、前と後の2本の柱の下の部分は「への字」という横に渡した桟木で連結し、前後の柱は同じく桟木を渡して連結。。。

四足の上部は幅4寸程度の板材を前後左右に、柱に臍穴を開け、板を刳って差し込み、これで四足の四本の柱が固定されます。

そして、上部の横の桟の下、前後には棒受け、棒刳りという樫の木の分厚い板がつき、舁棒を乗せるための部材がつきます。

 一応これで、四足は箱型に横の梁で連結されますので、土台としては完成ですが、これだけでは上の飾りが前後左右に揺れたり、急停止や走り出したときに上からかかる荷重のバランスが崩れ、山台に負担がかかり、やがて山台が壊れるといったことが起こり得ます。

その加重を逃がし、四足を常に元の状態にするために、四本の柱(四足)の下の方には、斜に連結する二本の横の柱(桟木)…「火打ち」と呼ばれる柱で横のねじれを防ぐ役割をもたせます。

 次に全体の立方体のゆがみを治すために、「八つ文字」と呼ばれる縄をかけて締めることによって、全体がゆがんだりするのを元に戻す仕組みを組み上げます。


これで、上の飾りがどんなに揺れたり、ゆがんだりしても、山台自体に負担がかからないようにする構造の完成です。



 ちょっと言葉だけですので、なかなか解りにくかったとは思いますが、山台の構造について書いてある本も多数ありますので、それをご覧いただければお分かりになると思います。


山大工さんと打合せをやっている中で、先人の知恵を感じずにはいられませんでした。


山笠を作った昔の人たちの知恵は本当にすごいです!  素晴らしいです!


 これまで…山笠の歴史の中で、最初作り上げ、徐々に山が豪華になり、重さも高さも増していく中で、恐らく倒壊などの事故があったんじゃないかと想像されます。


それを何とか防げないかと試行錯誤の中で、現在の山台の構造が出来上がっていったんじゃないかと想像できます。


 ということで、今の山笠の山台の構造は、上に飾りが付き、重くなってもその加重を逃がすための工夫が至る所に施されている構造になっているんです。


まさに八番山笠上川端通のために作ってある山台なんです。


その山台の構造を最大限に生かすためには、今年必死になって打合せを重ねながら、作り上げようとしている飾りの部分の構造が、まさにピッタリなんじゃないかなと思えてきている山のぼせであります。

先ずは今年作ってみて、、、来年以降はもっとそれにプラスアルファがついて・・・、往年の山笠の再現が出来るんじゃないかと思っています。


初めて真剣に構造の部分について打合せを重ねたことで、初めて山台の仕組みまで理解出来た様な気がします。



スポンサードリンク



無料アクセスアップツールWarp!-mini
URLを入力すると、誰かに閲覧されます。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/04(水) 01:46:47|
  2. 博多祇園山笠
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://binbodasshutsu.blog71.fc2.com/tb.php/77-a9a043e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。